あなたにピッタリの
住宅会社を
完全無料でご紹介!

住宅会社選びはこちらから

あなたにピッタリの住宅会社を完全無料でご紹介!

クローズアップ社長

古橋 雄治 社長/平成建設

平成建設/古橋 雄治社長

1983年 名城大学理工学部建築学科 卒業
1983年 不動建設(株) 入社
1989年 (有)平成建設 設立、取締役 就任
2000年 (有)平成建設 代表取締役 就任
2004年 平成建設(株)に組織変更

【家族構成】母+妻+長女+次女
【趣味】マラソン・オヤジバンド活動・スキー・テーブルマジック・読書
【座右の銘】知行合一

古橋社長をもっと知りたい!

工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

「自分の手がけたものが形になって残る仕事がしたい」と考え、建設会社に入社しました。

現場管理の仕事を10年近くしていましたが、いくら自分が納得して素晴らしいと感じたものを造り上げてもお客様の評価を聞く機会がなく、自己満足のようで物足りなく感じていました。

私が考え抜いて造った住まいを、「お客様が実際に長く住み続けて、どう感じているのか直に聞きたい」、「20年以上後でも『あなたに頼んでよかった』という言葉をいただきたい」、そんな想いから工務店を立ち上げました。

社長にとって「家づくり」とはどんなものですか?

「家」は、家族が毎日の仕事や学校などの活動のあと、快適に安らぐための場所であり、今だけでなく何十年に渡って家族全員が健康で楽しく、幸せになるための空間だと思っています。

工務店の仕事は、そこで暮らす皆様の「未来の幸せなライフスタイルを創るためのお手伝いをすること」だと考えています。楽しく暮らしていらっしゃる姿を見ると、本当に嬉しくなります。

そのために、次のことを常に意識して設計しています。
・今だけではなく生活スタイルが変わる将来にわたってもご家族が楽しく過ごせること
・夏涼しく・冬暖かい快適な空間を造ること
・地震や火事に強い頑丈な建物であること
・外観やインテリアが飽きのこない素敵なものであること

今、夢中になっている趣味はなんですか?

50歳になって健康のためにジョギングを始めて、お休みの日には家内や仲間と一緒に公園や街を走っています。

次第にマラソンレースに出場するようになり、冬場のシーズンにはレースに4~5回ほど出場しています。数えたら今まで10年ほどでハーフ30回、フル30回出場していました。

初めて5年ほどはどんどん記録を更新していき、それが楽しかったのですが、その後は年齢のせいか難しくなってきたので、どうしたら楽しく走って長く継続できるかを考えるようになりました。

同じ頃始めたギターも細々と続けていて、「娘の結婚式で演奏できたらいいな」なんて考えています。その他、趣味のテーブルマジックはお客様のお子様とお会いした時に披露しています。ただし、小学校低学年のお子様にしか通用しません。(笑)

社長にとって一番大切なことはなんでしょうか?

どんなことでも真面目に誠意を持って取り組み、決して諦めずに最後の最後までやりきることです。

これは家族や社員、地域の皆様、友人など、様々な人たちと関わりあいながら会社を経営していく中で守り続けてきたことです。

日々、気をつけていることはなんですか?

当たり前のことですが、「時間を守ること」、「約束を守ること」を心がけています。

また、毎日会社の事務所に6時半には出勤してブログの更新やメールチェックなどを行って、スタッフを迎えることを続けています。

さらに、座右の銘『知行合一』の教えである「これは良いことだ」と感じたことは、必ず実行することを心がけています。

※知行合一(ちこうごういつ)・・・知識や認識は必ず実行を予想しているものであり、知って行わないのは真に知っているのではないとし、知(真の認識)と行(道徳的実践)とは表裏一体をなすという意。「知行」は「ちぎょう」とも読む。『大辞泉より』

最後に社員の方に聞きました!

スタッフの方から見て、社長はどんな方ですか?

いつもは優しい性格だと思いますが、決めたことは必ず実行する人です。

間違ったことをした時は厳しく叱られますが、普段はニコニコしていて楽しい人です。建築以外の色々な職業の方々との付き合いが多く、多趣味で、色々なことに真剣に取り組んでいる人です。