あなたにピッタリの
住宅会社を
完全無料でご紹介!

住宅会社選びはこちらから

あなたにピッタリの住宅会社を完全無料でご紹介!

クローズアップ社長

益田 哲慎 社長/益田建設

益田建設/益田 哲慎社長

2004年 江戸川大学 卒業
2004年 首都圏総合住宅供給協同組合 入社
2007年 (株)益田建設 入社
2017年 代表取締役社長 就任

【家族構成】妻+猫1匹
【趣味】料理・家庭菜園
【座右の銘】挑戦無きところに成功無し

益田社長をもっと知りたい!

工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

父が経営する工務店に入社し、10年の経験を積んだ後に経営を引き継ぎました。

住宅の営業から始まり住宅事業全般を統括し、その後は技術部門を拡充して耐震研究所を新設して耐震住宅の技術開発に取り組みました。技術開発を行うなかで、安心・安全な家づくりを行うという責任感を持ち、お客さまにより一層信頼される会社として歩みを進め続けたいと考えました。

現在では品質の高い住宅を建てる技術を多くの方に提供するために、他の地域工務店と連携し「一般社団法人工務店フォーラム」を設立しました。

社長にとって「家づくり」とはどんなものですか?

「安心で安全な住宅」を正直に建てることです。

当社の耐震研究所で最新の技術を研究するなかで、埼玉県東部や埼南部は地盤が悪く、大地震の時に非常に大きな揺れが発生することが分かりました。

以前から2階建てでも構造計算を実施していましたが、この事実によって耐震等級3以上のより耐震性の高い住宅が必要だと痛感しました。そこで超高層ビルにならい、木造では使われない「地盤の詳細調査」や、「時刻歴応答解析」を全棟に導入しました。

また、お客様に納得した家づくりをご提供するために独自の積算システムを開発し、柱1本、金物1個から全ての材料を積算し提示する「詳細見積書」を採用しています。詳細な見積書は、ごまかしや手抜きができず、変更内容も明快で、正直に建てることができます。

今、夢中になっている趣味はなんですか?

音楽が好きなので、ウクレレを演奏しています。

また、休日は家庭菜園で野菜を作ったり、取れたての野菜を使って料理をして過ごしています。料理は作る楽しさだけではなく、食する家族の喜ぶ顔を見ることも楽しみです。

食材を選ぶときには、無農薬なのか、生産者の顔がわかる食材なのか、新鮮なのか、できがいいのか、などを吟味すると思いますが、家づくりも木材の種類や産地、生育の方法、生産者の人柄を考慮し、建材を決めています。そのプロセスは料理に通じるものがあると思います。

社長にとって一番大切なことはなんでしょうか?

家族や従業員はもちろん大切ですが、住宅という高い買い物において、お客様が心から喜んでいただける家づくりを進めていくことですね。

日々、気をつけていることはなんですか?

「可能性を追求する」ことです。ささいなアイデアが大きな技術開発の成果につながることがあります。常に情報を広く持ち、社員にも積極的に提案させるようにしています。

そして、「可能性を追求する」ためには、健康であることが第一です。

最後に社員の方に聞きました!

スタッフの方から見て、社長はどんな方ですか?

イデア工法を開発したり、耐震研究所を設置したり、最新の微動探査機や地震体験システムを導入したりと、良いと思ったことは積極的に取り入れるチャレンジ精神のある社長です。

一方で、社員のモチベーションを上げるため、社内旅行や社内行事を行ったり、社員の悩みを率先して聴いたりする人望の厚い人です。