クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
エス・デザイン/竹内 正徳社長

竹内 正徳社長/エス・デザイン

1994年 桜美林大学国際学部 卒業
1994年 (株)T・H・R 入社
1996年 (株)山久建設不動産 入社
2001年 開発事業部長 就任
2011年 エス・デザイン(株) 設立 代表取締役社長 就任

【家族構成】妻+長男+長女
【趣味】カートレース・ダイビング
【座右の銘】人間万事塞翁が馬

竹内社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

独立前に従事していた建売住宅や不動産の仕事では、夢を「家」という形にしていく喜びや、完成した家がご家族とともに生きる空間に育っていく、という実感がありませんでした。

もっと一人ひとりの「お客様満足」を追求したいと思い、注文住宅を手掛ける会社として独立する決意をしました。

お客様満足を向上させるために、会社として取り組んでいることは、社員が楽しく仕事に取り組める環境づくりをすること。社員の満足がお客様満足に直結すると考えています。満足の形は社員もお客様もそれぞれ違うので容易にできることではありませんが、永遠の課題としてこれからも取り組んでいきたいと考えております。

― 社長にとって「家づくり」とはどんなものですか?

社会情勢の変化とともに家づくりも変化していくと思いますが、家とは、家族の信頼という絆によって営まれ、一日の疲れを癒す場所、明日のエネルギーを生む場所だと思います。

だからこそ、それぞれの家族の生き方が反映されるべき空間であり、一番居心地が良い場所となることが重要だと考えています。

― 今、夢中になっている趣味はなんですか?

子供の頃から車が好きで、10年前くらいから仲間とカートレースを始め、今では月1回、サーキットでレースに参戦しています。
仕事ではいろいろなことに気を使い脳が疲れます。レースでは、抜くか抜かれるか、勝つか負けるか、早く走るためだけにすべての五感を1点に集中でき、これが良いリフレッシュになっています。

― 社長にとって一番大切なことはなんでしょうか?

人との出会いを大切にすることです。

社員や家族は当然のことですが、今、関わっているすべての人、これから出会うであろう人との関係を大切にすることです。

― 日々、気をつけていることはなんですか?

「健康でいること」です。心身ともに健康でいることが目的を達成するために重要なことと考えております。食生活の改善やトレーニングに行くなど、健康管理に気をつけています。

もう一つは「トイレをきれいすること」です。会社のトイレ掃除は当番制で、私も掃除をしています。トイレは、人の生き方、姿勢を表す鏡だと思っております。また、私にとっては初心に帰る場所でもあります。

最後に社員の方に聞きました!
― スタッフの方から見て、社長はどんな方ですか?

自由な雰囲気の中で、それぞれが考えて仕事を進めるという環境を大切に考えてくれています。

工務店選びはこちらから