クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
瀬戸建設/瀬戸 良幸社長

瀬戸 良幸社長/瀬戸建設

1970年 日本大学理工学部建築学科 卒業
1970年 横浜建築研究所 入社
1973年 (株)第一設計事務所 設立
1992年 瀬戸建設(株) 代表取締役社長 就任

【家族構成】妻+息子2人+娘2人+母
【趣味】有名建築物見学・美術館見学・旅行・ゴルフ・水彩画
【座右の銘】背水の陣

瀬戸社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

私は創業100年の建築請負業の家に生まれました。大工をはじめ、多くの職人が住み込みをしている環境で育ち、幼少期から大工道具に興味を持ちました。

カンナを実際に研いだり、墨つぼで糸を張って線が引ける不思議さに、大変夢中になったのを覚えています。母方の祖父・曾祖父も宮大工をしており、葉山の御用邸や藤山雷太邸など、歴史に残る建物や神輿(みこし)を造っていたと母親から聞かされながら成長し、自然に建築の道を歩みはじめました。

大学では建築学を学び、設計力が建築を進める中で一番重要であるとの認識から、卒業後5年間は大学関係の設計事務所に勤めました。その後、設計事務所として独立し、15年間住宅を中心にあらゆる用途の建築設計を手がける中で、大手住宅会社の設計コンサルタントという立場で住宅設計に深く関わり、これらの経験を糧に1992年に家業を継承したのです。

― 社長にとって「家づくり」とはどんなものですか?

「家」は全ての建築の原点であり、どの建築よりも奥が深く、設計や施工にあらゆる可能性を秘めています。
家族の成長とともに変化するライフスタイルに柔軟に対応し、長い歳月に耐えられるシェルター的要素を持ち、自然との融合や街並みなどの景観にも重要な役割を担っています。私は建築を担う立場として、これらを満たした上で、美しい住宅を提供することが大切だと考えています。

― 今、夢中になっている趣味はなんですか?

若い時に学んだ透明水彩絵の具による風景スケッチですね。久しぶりに絵の具まで買ったのですが・・・残念ながら機会を逸しています。

― 社長にとって一番大切なことはなんでしょうか?

建築を通じて社会貢献をしていくこと。
地域密着の仕事をするということは、社会に大きな影響を与えることだと思います。だからこそ、いつも真剣勝負で一棟一棟に取り組むべき使命をもった社員を育てることが、私の責任だと考えています。

― 日々、気をつけていることはなんですか?

クレーム産業と呼ばれる住宅業界の中でクレームを最小に抑えるために、打合せの完全記録化と確認を徹底しています。
クレームにつながる小さな事象に初期段階で取り組み、お客様と密に接することや報告・連絡・相談の重要性を朝会などで訴えています。

最後に社員の方に聞きました!
― スタッフの方から見て、社長はどんな方ですか?

誰よりも建築に対して「情熱」と「愛情」を持っている社長です。時間を見つけては興味を持った建築物を見に自ら足を運び、自分の感じたことや学んだことを社員全員に共有してくださいます。もともとお話が好きな社長ですので、建築の話になると止まらなくなってしまいますが、それくらい建築に対して愛情があるのだと実感しており、敬服しています。

また、建築を通して福祉にも力を注いでおり、「人の為に尽力したい」という気持ちを常に持ち続けています。裏表の無い純粋な心で社員やお客様に接してくださるので、信頼が厚く、尊敬できる部分がたくさんあります。

工務店選びはこちらから