クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
剛保建設/萩原 保司社長

萩原 保司社長/剛保建設

1981年 東京理科大学建築学科 卒業
1981年 剛保建設(株) 入社
1990年 常務取締役 就任
1997年 代表取締役専務 就任
2003年 代表取締役社長 就任

【家族構成】妻+長女+母
【趣味】夏山登山・旅行・ラケットボール

萩原社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

工務店を経営していると言うより、「スタジオ・ゴー・ワークス」というブランドを運営しているという感覚です。格好つけて言っている訳ではなく、当社はもともとビル・施設ゼネコンとしての長い営業経験がありますが、2001年に都市住宅に特化した新しいブランド「スタジオ・ゴー・ワークス」を立ち上げました。今までの建築技術やノウハウの蓄積を活かして、新しい住宅のご提案をしてみたかったからです。

ですので当社はちょっと他の工務店とスタンスが違うかもしれません。王道を行くザ・ハウスの他登録工務店の片隅で一緒にやらせていただいているという謙虚な気持ちです。

― 社長にとって「家づくり」とはどんなものですか?

家とは、自分をリフレッシュして再起動するための「エネルギーステーション」でしょうか。リラックスしながら、パワーや発想をリチャージする場所だと思います。

― 今、夢中になっている趣味はなんですか?

ラケットボールです。スカッシュに良く似た壁打ちテニスのような競技スポーツです。腕前ははっきり言って超ど下手です。学生時代からスキー、剣道、マラソン、ダイビング、船舶、ゴルフ、はてはピアノ、ギター、英会話に至るまで、続いたためしのない「根性のなさ」ですから、今回もどうなるか分かりませんが、今のところ楽しくやっています。

― 社長にとって一番大切なこと(かけがえのないもの)はなんでしょうか?

妻、娘、母、亡き父、友人たち、剛保建設、仕事をご発注いただいているお客様、弊社社員、お世話になっている職人さんたち、お金?、ニールヤング、曽我部恵一、石山修武のバラック理論、デュシャンの泉、生きるって意味、クリムトの接吻、他人を許せること、映画未来世紀ブラジル、5月の空、カミュの異邦人、くちなしの香り・・・こんな極私的な答えでいいでしょうか…?

― 日々、気をつけていることはなんですか?

いつも自然でいつも輝いていられたら最高ですけど、人間そうもいかないですよね。だからせめて、モチベーションだけは落とさないように気をつけています。常に次のステップを考えて挑戦したいと思っています。ボーッとしていると「お前は立ち止まるな!お前は走れ!」と、誰かに耳元で囁かれているような…。病気でしょうか?

最後に社員の方に聞きました!
― スタッフの方から見て、社長はどんな方ですか?

話し方が相手目線で、すべてのスタッフに分け隔てなくフランクに接してくれます。いつも相手を気遣っている、だから相談しやすいですし、大切なことやプライベートも話せる社長です。
常に顧客目線で考え、建築ができ上がった後の生活を思い描いて、良いものは良い、悪いものはダメと、はっきりと発言するのでお客様にも分かりやすいようです。
なお、そんな社長の弱点は、方向音痴とチーズケーキです。

工務店選びはこちらから