クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
近藤建設興業/近藤 直岐社長

近藤 直岐社長/近藤建設興業

1982年 岡山県立岡山工業高校建築科 卒業
1994年 (有)近藤建設興業 取締役 就任
1998年 (有)近藤建設興業 代表取締役 就任
1999年 (株)近藤建設興業に組織変更

【家族構成】妻+娘+娘婿+孫12歳、6歳、3歳(双子)
【趣味】孫と遊ぶ事、旅行、食べ歩き、住宅設計
【座右の銘】継続は力なり

近藤社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

生粋の大工であった父親に連れられ、幼い頃から現場を見て育ったので建築の道に進むことは決めていました。

設計の道に進みたいと思い大学進学を志しましたが、父親に反対され断念し、父親の下で大工修行の日々が続きました。進学した友人は資格を取って現場監理などをしているのに、自分は作業員。それが悔しくて、その気持をバネに猛勉強し、一級建築士を取得。それから間もなく父が他界し、後を継ぎました。

もともと墨付けまで習得した大工ですから、今でも骨組み素材を表した木にこだわった家が好きですね。

― 社長にとって「家づくり」とはどんなものですか?

そこに住む人が「快適・健康・安全・省エネ」で暮らすための器を提供し、広くその普及に努めることです。

― 今、夢中になっている趣味はなんですか?

機械設備に極力頼らず、自然の摂理を利用した設計手法「パッシブデザイン」を業界に普及促進することです。

そのために温熱の知識の習得や住まいに関わるすべてを数値化したり、シミュレーションしたり、建てる前に暮らしにコミットできる家づくりの探求、研究、実践に取り組んでいます。

― 社長にとって一番大切なことはなんでしょうか?

家族の幸せが一番です。

― 日々、気をつけていることはなんですか?

日々の精進する気持ちと身だしなみです。

最後に社員の方に聞きました!
― スタッフの方から見て、社長はどんな方ですか?

一言でいうとマニアック(笑)。 

将来の子供たちのためにとか・・・、健康面、安全面など住む人のことを一番にいつも考えています。凄くたくさんの知識を持ち、あの年齢(失礼?)になっても常に学ぶ姿勢であることがすばらしいと思います。私生活では専務(奥さん)に頼りきりですが、仕事となると尊敬しかないです。

工務店選びはこちらから