あなたにピッタリの
住宅会社を
完全無料でご紹介!

住宅会社選びはこちらから

あなたにピッタリの住宅会社を完全無料でご紹介!

クローズアップ社長

染矢 忠彦 社長/アローズホーム

アローズホーム/染矢 忠彦社長

1994年 国士建設学院 卒業
1994年 染矢建設(株) 入社
1999年 染矢建設(株) 解散
1999年 (有)染矢建設 設立

【家族構成】6人家族のお父さん。
      (妻+長男+長女+次+次男)
【趣味】身体を動かすこと。
【座右の銘】『かなわない夢はない』

染矢社長をもっと知りたい!

工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

私が23歳の時に父が他界したため、当時父が営んでいた工務店を整理することになりました。
それまで私は父の仕事があまり好きになれず、常に「自分の力で何かやってみたい」と思っていたので、父の仕事を継ぐつもりも、建築の仕事をやるつもりもまったくありませんでした。

ですが、父が生前に付き合いのあった職人さんたちから、「せっかく土台があるんだから、建築の仕事をやってみたら?」と言われ、それなら父の会社を引き継ぐ形ではなく、まったく新たに自分の会社を立ち上げるのであれば、と起業しました。

染矢社長 にとって「家づくり」とはどんなものですか?

実は、あまり想いや理念ということを考えたことはありません。自分自身が生きるため、自分が幸せになりたいと思って仕事に取り組むことがお客様の幸せにつながればと思っています。
また、家づくりは「信頼できる人を選ぶ」ということが一番大切だと思います。
あるお客様がおっしゃっていたことで、今も印象に残っていることがあります。
そのお客様は当初、家づくりについて自分で調べようと思って色々と勉強をされていたのですが、ある時、自分で調べることを止めてしまいました。なぜ止めたのかと聞くと、「調べても無理でした」と。「いくら調べても、家づくりの1割しか分かりませんでした」と。(笑)
どんなに調べても1割しか分からないのであれば、残りの9割を代わりに補ってくれる「信頼できる人」が必要です。その「信頼できる人」を選べるかどうかで、家づくりの全てが変わってくると思っています。

休日はどんなことをして過ごしていますか?

トレーニングですね。身体を動かすと、ぐっすり眠れるし、頭も冴えてきて一石二鳥なので、よくジムに行って汗をかいています。

染矢社長 にとって一番大切なことはなんでしょうか?

家をつくるのはもちろん、何をするのも人なので、最終的には「人」が一番大切だと思います。

独立した時に仕事を教えてもらった先輩の職人さんたち、自分と共に歩んできてくれた協力会社の人たち、そして社員や家族も含めて「人」が何よりも大切だと思っています。

日々、気をつけていることはなんですか?

家づくりで気をつけていることとすれば、お客様と私たちが「家を買う人」と「家を売る人」という関係ではなく、一緒に家づくりに取り組む同志のような関係でありたいと思っています。

最後に社員の方に聞きました!

染矢社長 ってどんな方ですか?

お施主様ご家族のご要望を出来る限り実現するために、多大な労力を必要とするようなことをお願いしても「良いよ」と即答してくれる社長です。

本当に実現できるか心配になって相談すると、決まって「最後はオレが何とかするから」と心強い言葉をかけてくれます。

社長が後ろについていてくれるという安心感で新たな試みにもチャレンジできます。完全自由設計を貫くことができるのも、この心強さの賜物なのだと実感しています。