あなたにピッタリの
住宅会社を
完全無料でご紹介!

住宅会社選びはこちらから

あなたにピッタリの住宅会社を完全無料でご紹介!

クローズアップ社長

土方 豊 社長/渡邊技建

渡邊技建/土方 豊社長

1975年 日本大学農獣医学部林学部 中退
1975年 鮮魚小売販売業 勤務
1988年 割烹料理店 開業
1991年 渡邊技建(株) 入社
2011年 代表取締役社長 就任

【家族構成】妻+長女+祖母
【趣味】テニス・釣り(特に鯛釣り)
【座右の銘】不言実行

土方社長をもっと知りたい!

工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

渡邊技建に入社して創業者である渡邊助之進の次女と結婚をしました。「いずれは後を継いで欲しい」と言われてきましたが、現場監督の仕事がとても好きだったので利子社長(現在名誉会長)が病気で倒れた時も後継者の話が浮上しましたが、「自分はまだ現場をやりたいのでとても社長など」とお返事をしました。それから10年。ついにこの時が来てしまいました。

土方社長にとって「家」とはどんなものですか?

「心の安らぐ場所」ではないでしょうか。

私は結婚して自分の家を建て、子供が生まれてからは柱に成長の記録を残してあります。仕事を終え、疲れて帰宅してもそれを見るとなんだかホッとします。私にとっても家はやはり安らぎの場なのでしょうね。

今、夢中になっている趣味はなんですか?

現在「釣り」にはまっています。協力業者の皆さんと釣りに行ったのがきっかけで、始めてまだ3年程なのですが、「鯛釣り」に凝っています。
鯛釣りは難しくて1匹も釣れないこともありますが、今年は調子が良くてすでに19匹釣ることができました(たまに釣宿のホームページに写真で紹介されることもあります)。
魚の調理は得意ですから、家族には新鮮な魚を振舞って喜んでもらっています。その他は健康のために、仕事を終えた後はテニスを楽しんでいます。

休日はどんなことをして過ごしていますか?

やはり釣りですね。会社は土日休みですが、土曜日は現場が動いているので仕事をすることも多々あります。その分、せめて日曜日だけは、海が荒れてなければ気分を切り替えて釣りに出かけています。

魚をたくさん釣った日は家に帰ってすぐ調理し、刺身、煮付け、焼き物と料理を振舞います。とても忙しい一日ですが、家族が「おいしいね」と言ってくれるととても嬉しくなります。釣りに行けない時は妻、子供、祖母に付き合って買い物など「家族サービス」をしています。

土方社長にとって一番大切なことはなんでしょうか?

会社です。創業者の渡邊助之進が始めて53年。それを引き継いで自分が会社経営をすることになった今、「社員と家族を守っていかなければいけない」と強く思っています。

日々、気をつけていることはなんですか?

木造住宅の新築が多いので、現場で監督や職人が怪我などをしないように日々伝えています。後は健康管理ですね。

最後に社員の方に聞きました!

土方社長ってどんな方ですか?

不思議ですが、いつも住宅が完成する頃になるとお客様と仲良しになってしまっています。気さくな性格と建物を大切に工事に取り組む姿勢がお客様に伝わっているのだと思います。

どんなに大変な仕事でもしっかり最後までやり遂げる社長ですが、鯛釣りとテニスだけは休みません(笑)。仕事と趣味を両立できる社長です。