あなたにピッタリの
住宅会社を
完全無料でご紹介!

住宅会社選びはこちらから

あなたにピッタリの住宅会社を完全無料でご紹介!

クローズアップ社長

角田 憲三 社長/角三建設

角三建設/角田 憲三社長

1934年12月25日 京都市上京区生まれ
1959年3月 立命館大学理学部土木工学科 卒業
1959年4月 双羽建設(株) 入社
1972年10月 (株)角三建設 設立

【家族構成】 妻+娘+息子(共に独立)+孫4人
【趣味】 ゴルフ・読書
【座右の銘】 精一杯働こう

角田社長をもっと知りたい!

工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

独立することは若い頃からの夢でありました。先輩諸氏やお得意先のご指導で念願かない昭和47年に工務店を設立し、今年で創業39年目になります。

お客様と色々な打合せを通じて意思疎通を計り完成した時、心から喜ぶお客様の笑顔が忘れられません。また、完成した住宅が作品として後世まで残ることは、工務店としての楽しみでもあります。

角田社長にとって「家」とはどんなものですか?

生活の基地であり資産であります。基地である家は、一家団欒、休息の出来る落ち着いた暖かみのある器でなければなりません。

今、一番夢中になっている趣味はなんですか?

ゴルフです。

月1〜2回ゴルフをして友人たちとプレーを楽しみリフレッシュしています。一緒にコースをまわるパートナーによってスコアーが左右されますが、個人プレーのスポーツは良くも悪くも何事も自己責任です。そんなところが会社経営に似ており、ゴルフが好きな理由の一つかもしれません。

休日はどんなことをして過ごされていますか?

ゴルフの無い休日は休養の為のんびりしています。また、家内の買物と散歩に付き合っています。

角田社長にとって大切なことは何でしょうか?

何ごとを行動、実行するにも色々な人達(お客様、社員、友人、協力業者)の協力が無ければ成り立ちませんので皆様に感謝の気持ちで接するようにしています。

日々、気をつけていることはなんですか?

健康第一、健全な身体がなければ良い仕事ができません。
また、相手に不快感を与えない様に笑顔で接するようにしています。

角三建設をもっと知りたい!

― 角三建設の強みや他社との違いを教えてください。
我が社は建築家の建物を、多く施工している会社です。建築家やお客様と意志の疎通を充分計り、「気」をいれて明るい頑強な家を造ることに努力しています。
また、我が社のモットーは社内一丸となって無事故で工期厳守です。我が社は2010年5月6日現在『無事故9750日』を達成し、この記録は更新中です。

― これまでで一番大きなトラブルやクレームを教えてください。
着工まで充分にお客様と打合せを行い、工事中には毎週定期的に打合せをしていますので幸いこれといったトラブルはありません。大きなトラブルにならないように、思い違いや苦情はその都度解決しています。問題発生時の速やかな誠意ある対応が大切だと考えています。

― 角田社長の目指す住宅を教えてください。
昔は、まずはマンションを購入し、手ごろな戸建てに住み替え、晩年には庭付きの一戸建てと、3度家を建てると云われていました。しかし、現在の経済状況下では不可能です。
一つの家を「若き時代〜老年期」へと変化に対応するリフォームをして住み続けることになるでしょう。そのためには、新築時に手抜かりなく頑強な住宅を造っておくことが大切です。リフォームを繰り返しながら、百年住んでいただけるような住宅を目指しています。

工務店で家づくりを考えている皆様にアドバイスを!

― 家づくりで発生しやすいトラブルはどんなことがありますか?
完成時期が迫り余裕のない時期など、口頭で決めたことは間違いが発生する可能性があります。その都度メールなどの文書で確認しておくことが大切です。

― 工務店選びで大切なことを教えてください。
地元での信用度や実績などを充分調査することが大切です。建設業協会などに問い合わせするのも一つの方法ではないでしょうか。
その上で社長に会って人柄や信頼が持てるか、十分に話し合って確認してください。

― 工務店との家づくりで、お施主様にとって大切なことを教えてください。
充分納得いくまで討論し着工する事です。

「三位一体」と申しましょうか。建物が完成するまで、施主・設計者・施工者が一体となって信頼の下で、心を投入すると気の入った立派な建物が完成します。