あなたにピッタリの
住宅会社を
完全無料でご紹介!

住宅会社選びはこちらから

あなたにピッタリの住宅会社を完全無料でご紹介!

5分でわかる!工務店住宅

5.工務店の倒産に備えるには?

同じ「工務店」と名が付く会社でも、従業員が数百名いる会社から、1人の大工さんしかいない会社まで、会社の規模にはもの凄く大きな差があります。

「大きい会社だから安泰」というわけではありませんが、会社の規模が小さいとどうしても不安は拭えません。しかし、現在では法整備が進み、どんな規模の会社でも主たる構造部分については10年間の保証が義務付けられています。建物の保証について言えば、工務店の規模の大小による差はほとんどありません。

しかし、財務的な問題についてはそうとは言えません。「工務店」は数も多く、大小様々な会社があるだけに、どの会社も財務的に安心と言い切ることはできません。もし建築中の倒産が起きてしまったら、施主が被る損害は甚大です。

もし着手金や中間金を支払った後に工務店が倒産してしまった場合、支払い済みのお金を取り戻すことは大変難しくなります。さらにそれまでに支払った費用だけではなく、中断した工事を再開するための費用も必要になるため、家を完成させるためには、当初の建築費以上の資金が必要になります。

そんなことにならないためにも、財務内容が良好な工務店を探したいところですが、「大手ハウスメーカー」と違って「工務店」には中小企業が多く、一般の方が財務内容を見極めるのは至難のわざです。

そこで「工務店」を選ぶ時の1つの指標にしていただきたいのが完成保証への加入です。

完成保証は、一定の経営水準を満たしている工務店だけが受けられる制度で、建築中に工務店が倒産してしまった場合に施主の損害を最小限に留めるための保険です。

健康ではないと生命保険に入れないのに似て、完成保証会社から倒産リスクが高いと判断された工務店は加入することができません。

完成保証は工務店が加入できる状態にあるだけではその住宅に適用されませんので、その住宅ごとに契約する必要がありますが、星の数ほどある「工務店」を選ぶ時には、ぜめてその工務店が完成保証に加入できる状態にあることを「最低限の指標」にしておきたいものです。