クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
三陽不動産/三牧 信吾社長

三牧 信吾社長/三陽不動産

1989年 独協大学法学部 卒業
1989年 飛栄不動産販売(株)入社
1991年 平山企画(株)入社
1992年 三陽不動産(株)入社
2008年 三陽不動産(株)代表取締役 就任

【家族構成】妻・長男・次男
【趣味】ゴルフ・バイク
【座右の銘】「できるか、できないか」じゃない、「やるか、やらないか」だ。

三牧社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

不動産会社を経営していた父の背中を見ながら、子供の頃から不動産会社の社長に憧れていました。

父の会社を継ぎ、不動産会社として家づくりを行う中で、あまりにも利益追求型の会社が多く本当に価値あるものを適正価格で提供している会社が少ないと多々感じることがありました。そこで「住」に関する悩みを一括で解決し、お客様のお役に立ちたいと思い、注文住宅も手掛けるようになりました。

― 社長にとって「家づくり」とはどんなものですか?

人生最大の買い物である家を建てる時も、住んでいる間も、将来子供に引き継がせる時も、何の心配もなく住み続けられる家づくりを目指しています。
何の心配もなく住み続けていただくためには、お客様の年収、ライフスタイルに丁度いい資金計画を提案することもとても大切です。
家づくりの専門家として実直に、お客様のリスクを極力なくしていくことが地域の工務店、不動産会社としての使命だと常に思っております。

父の代から弊社を通じて家を持たれた方が約1000組いらっしゃいますが、支払いに困って競売にかかるとか、金融機関の抵当権の担保に家を取られたお客様は1組もいらっしゃいません。

― 今、夢中になっている趣味はなんですか?

ゴルフですね。自宅にいる時は海外ドラマを見ながら英会話の腕を磨いています。

― 社長にとって一番大切なこと(かけがえのないもの)はなんでしょうか?

家族、社員、友人です。

― 日々、気をつけていることはなんですか?

健康です。健康維持のために食事に気を付け、筋トレに励んでいます。

最後に社員の方に聞きました!
― スタッフの方から見て、社長はどんな方ですか?  

「常にお客様の立場で物事を考えることが最重要。人の役に立つ仕事、お客様に喜んでもらえる仕事をすることが一番大切だ!」と繰り返し繰り返し私たち社員に話しています。日々、最新の情報を手に入れ、いいと思ったら即行動をする。強い志を持ち、その信念に従って、行動することをやめない凄い社長です。

また、社員に美味しいお店で好きなもの、好きなお酒をお腹いっぱい食べさせることが楽しみのようで、私たちも遠慮なく勝手に好きなものを注文して、心もお腹も満たされ、次の日の仕事への活力となっています。

最近は、筋トレにはまっているらしく、朝礼のラジオ体操が筋トレになりました。私たちが朝から汗だくで息を切らしながら必死についていく姿を楽しそうに見ているお茶目な社長です。

工務店選びはこちらから