クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
会澤工務店/会澤 宣雄社長

会澤 宣雄社長/会澤工務店

1997年 神奈川大学 工学部 建築学科卒業
1997年 エス・バイ・エル(株)入社
2015年 (株)会澤工務店 代表取締役 就任

【家族構成】妻、娘 2017年5月に長男が生まれる予定
【趣味】旅行、スキューバダイビング、スポーツ観戦、読書
【座右の銘】すべての原因は我に有り

会澤社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

父の影響で大工に憧れたのがスタートだと思います。
大学生の頃から会澤工務店がどんな会社かもわからずに、いずれは継ぐのかなと何となくは思っていました。
会澤工務店に入社後、共に働いている社員と接している中で、この会社をより良くし、残していきたいと考えるようになりました。

― 社長にとって「家づくり」とはどんなものですか?

プロとしての提言を加えながらお客様の夢の実現をしていくことです。
家づくりによって暮らし方が変わっていくので、未来に向けての家族構成も踏まえながら、長期的な提案をさせていただいています。
居心地の良く、住み継げる家を造っていきたいと思っています。

― 今、夢中になっている趣味はなんですか?

子どもが生まれてからは頻繁に行くことはできませんが、旅行が趣味です。
旅行をすると頭の中をリセットでき、新たな刺激を受けることができます。スキューバダイビングも趣味なので、海のある地域、場所に好んで行っています。さらに旅行の計画を立てることも楽しく、時を忘れるほど夢中になって調べています。

― 社長にとって1番大切なことはなんでしょうか?

会社を継続することです。
行動指針として「強く永く愛される企業であるために」を掲げています。地域に必要とされる企業であり、そして継続していくことが企業の使命であると考えています。

― 日々、気をつけていることはなんですか?

色々なことにアンテナを張ることです。
私が社長としてできることは、気づくことだと思います。社員の想い、お客様の想いに気づくこと、そして地域や時代から何を求められているのかに気づくことが仕事になっていくと思います。そして、本当にやりたいことを変えないために、変わっていく必要があると考えています。

座右の銘である「すべての原因は我にあり」という考え方もいつも気に留めていることです。この考えでいると何もかも前向きに捉えることができます。自分以外の人、事に原因を求めても何も始まらないと思っています。

最後に社員の方に聞きました!
― スタッフの方から見て、社長はどんな方ですか?  

お客様、そして社員との「つながり」を大切にした信頼できるリーダーです。
お客様の想いを生真面目に考えています。社員のどんな小さな意見にも耳を傾け、問題を一緒になって考えてくれるので、会社にも働きやすい雰囲気が漂っています。そんな「つながり」がお客様の安心感、社員の誇りにも繋がっています。

工務店選びはこちらから