クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
ジェイホームズ/牧野 伸一社長

牧野 伸一社長/ジェイホームズ

1980年3月 日本大学生産工学部建築工学科卒業
1980年4月 (株)木下工務店入社
1995年4月 横浜支店支店長
1997年4月 神奈川支店支店長
1998年12月 建築部建築部長
2001年1月 太平住宅(株)入社
      建築部建築部長兼首都圏営業本部工事部長
2003年4月 野村ホーム(株)入社横浜支店副部長
2005年4月 ジェイホームズ(有)設立
2007年4月 ジェイホームズ(株)商号変更

【家族構成】夫婦、息子3人、犬2匹
【趣味】ゴルフ、釣、読書、音楽鑑賞、犬の散歩
【座右の銘】人事を尽くして天命を待つ

牧野社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

47歳まで住宅メーカーに勤めていました。住宅メーカーは良くも悪くもシステマチックで合理的な考えで運営されています。
したがって、住宅を建築する技術者の業務も、間違いが発生しにくい業務の流れができ上がっています。

あえて大袈裟な表現をすれば、「工程表と図面と注文書を渡せば、あとは工程ごとの建物の検査だけで完成する」ということです。しかし、技術者の多くは、持っている知識、経験、工夫、体力を総動員して、作品と呼べる住宅を造りたいと思っています。

私も同様で、私の能力の全てを注ぎ込んで作品と言える建物を造り上げたいと強く思い独立を決心しました。

― 社長にとって「家づくり」とはどんなものですか?

経営者は二つのタイプがあると思います。一つのタイプは、経営する会社が何を作るのかに強いこだわりを持つのではなく、優良商品を安価に製作し、事業を発展させることに使命を感じる事業家タイプです。

もう一つのタイプは、自分に作ることができる物に没頭する職人タイプです。私にとっての家づくりは、後者であり、自分たちの意地と名誉にかけて、知恵と経験と努力を全てつぎ込んで造るものだと思います。その結果、お施主様からの信頼と感謝がいただければ幸せです。

― 今、夢中になっている趣味はなんですか?

休日も犬の散歩で始まります。その他にも、いかに少ない費用で高音質の音楽を聴くことができるかに挑んでいます。
昨今話題になっているネットワークオーディオ・PCオーディオというものです。これは趣味にとどまらず、家じゅうどこでも音楽を聴きたいというお施主様へのアドバイスにも役立っています。

― 社長にとって一番大切なことはなんでしょうか

家族を除けば、「意欲」です。意欲をどのように持ち、どのように発揮するかで人生は全く異なると信じています。

― 日々、気をつけていることはなんですか?

一日を終わって、「今日、精一杯生きたか?」と自分に問いかけます。

そして、正直に生きることです。仕事のボリューム、緻密さは増加することになりますが、生産性の無い悩みは減少します。

最後に社員の方に聞きました!
― スタッフの方から見て、社長はどんな方ですか?

・住まいづくりに対する思い、情熱、こだわりが人一倍強い人です。
・現場目線でなく、お客様目線での住まい造りのこだわりが非常に強い人。
 特に現場に対しては妥協を許しません。
・どんなことに対してもプラス思考で、真っすぐ正直に、粘り強く取り組む。
・納得がいくまで諦めない、粘り強い、負けず嫌い。
・忘れっぽい。

工務店選びはこちらから