クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
スルガ建設/折戸 信行社長

折戸 信行社長/スルガ建設

1979年 (株)パレスホテル 入社
1992年 (株)スルガ建設 設立

【家族構成】私、妻、母、3人暮らし(別居娘一人27才)
【趣味】剣道、旅行
【座右の銘】信頼を裏切らないこと

折戸社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

以前に勤めていた会社でグループ会社の建設会社を立ち上げる際に、設立メンバーとして関わった時に、住宅業界に興味を持ち始めました。


お客様にとって家は最も高額な買い物のひとつでもあり、ビジネスとしても興味がありましたが、家が単なる「生活する場所」ではなく、「暮らしを楽しむ場所」であると考えるようになりました。

その後、ご縁があって、私が設立メンバーとして関わった会社を買い取ることになり、現在に至ります。

スルガ建設/横浜市戸塚区
― 折戸社長にとって「家」とはどんなものですか?

私にとっての家とは「暮らしを楽しむ場所」です。

生活環境の良い家づくりは、住まう方の心と体を健康にし、デザイン、構造、性能のバランスがとれた家は快適な住み心地をもたらします。また、「良い家」を建てることは社会貢献でもあると思っています。

― 今、一番夢中になっている趣味はなんですか?

剣道です。中学時代に部活動でやっていたのですが、46才から返り咲き、かれこれ9年目になります。

現在は4段、3年後には5段の受験資格を得るまでになりました。

― 休日はどんなことをして過ごされていますか?

仕事と剣道の稽古の疲れを温泉で癒すことが多いです。

― 折戸社長にとって一番大切なことはなんでしょうか?

「会社に関わること全て」です。スルガ建設とお付き合いくださっているお客様はもちろんのこと、現場で頑張ってくれている社員、職人全て大切な存在です。

― 日々、気をつけていることはなんですか?

社長はお客様からも社員からも常に見られている存在です。

私自身が社長業を全うするために「健康」、「振る舞い」、「社員の仕事に対しての姿勢」、「現場管理」にはいつも気を付けるように心掛けています。

スルガ建設/横浜市戸塚区 スルガ建設/横浜市戸塚区
― 折戸社長の目指す住宅を教えてください。

「スクラップアンドビルド」の家づくりではなく、世界基準で考えられた資産価値の高い住宅です。

最後に社員の方に聞きました!
― 折戸社長ってどんな方ですか?

何事に対しても研究熱心で、常に成長することを考えている様子が感じ取れます。\r\n何か気になることがあれば定休日でも会社に出向き、常にお客様のことで頭がいっぱいの社長です。

工務店選びはこちらから