クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
小林建設/小林 伸吾社長

小林 伸吾社長/小林建設

1980年 (株)ユニ・アート設計事務所 入社
1983年 (株)小林建設 入社
2000年 代表取締役社長 就任

【家族構成】母+妻+長男+長女+次女
【趣味】マラソン(但し、10kmが限界)
【座右の銘】今が未来

小林社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

小林建設の創業は大正10年。私は3代目で、幼い頃から住み込みで働く大工さんと一緒の生活があたり前でした。そんな環境の中で「家業を継ぎたい」と強く感じたのは父親の影響です。

口の悪い頑固な父親でしたが、家づくりの話になると夢中で面白さ、楽しさを説く、とても頼もしい存在でした。家をつくることは魅力的で男らしい仕事。そんな印象が、小さな頃から心の中にハッキリと刻まれたからだと思います。

― 小林社長にとって「家」とはどんなものですか?

大袈裟かも知れませんが、人生の全て。「天職」だと信じて疑いません。

― 休日はどんなことをして過ごしていますか?

月に1度の休日は、夫婦で仲良さそうに(笑)山登りを楽しんでいます。

ちなみに去年は尾瀬の至仏山や妙義山、秩父の両神山等へ行ってきました。

― 小林社長にとって大切なことはなんでしょうか?

以前、加盟しているフランチャイズの会員工務店が倒産し、その後の対応に関わりました。完成保証に入っていましたので契約内容通り完成できるのですが、実際に工事を引き継ぐ工務店はなかなか見つかりません。顧客にとって、家が完成しないストレスや、今後の管理する工務店が不在である現実は、大きな悩みです・・・。こんな不幸な話が我々の業界に起きている現状を自分の目で確認すると、改めて社長にとって一番大切なことは、「つぶれない・つづく工務店」になることです!

― 日々、気をつけていることはなんですか?

それは「健康」です。
去年から10kmマラソンにも挑戦し、10kgの減量に成功。今はbmiの数値が22で、ぴったり標準体重です。(身長172cm、体重64.5kg)

― 小林社長の目指す住宅を教えてください。

「プラン出し」は、小林建設の設計士による社内コンペで3プラン提示します。

また、設計段階での打合せの時間はたっぷり設け、模型、内・外パース、動画等で、イメージをわかり易くお伝えします。「思った以上のいい家」の実現。それが、私たちの使命です!

最後に社員の方に聞きました!
― 小林社長ってどんな方ですか?

常に前向きで自分に厳しく、「有言実行」のスタイルをいつも持っています。「小林建設のお客様と社員はどんな時でも必ず守る」という姿勢も、私たちには嬉しく、自分たちもお客様のために頑張ろうという気持ちになります。信頼でき頼りになる社長です。

工務店選びはこちらから