クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
シンライ工務店/今泉 隆眞社長

今泉 隆眞社長/株式会社シンライ工務店

1969年 桑沢デザイン研究所 卒業
1970年 (株)松井店舗デザイン 入社
1981年 (有)シンライ工務店 設立
1992年 (株)シンライ工務店に組織変更

【家族構成】妻 息子(後継者)夫婦 孫娘
【趣味】絵画、古美術品鑑賞
【座右の銘】縁尋機妙
「よい縁がさらによい縁を尋ねていく仕方が実に機妙である」という意味。

今泉社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

母の影響が強かったように思います。少年の頃、母に「あなたは次男だから大人になったら自分で土地を買って家を建てなければ駄目ですよ」と言われたことがありました。その時から「マイホームを持つまでは結婚しない」と決めて、中学校卒業式の翌日から注文家具職人見習いとして働きながら夜間高校に通いました。

その後は、自分の手でマイホームを建てたい一心から大工へ転向し、現在に至ります。 これまでの家づくりの技術と経験を活かして、「これからマイホームを計画する若いご夫婦や、ご家族様のお役に立ちたい」と発心して工務店を開業しました。

― 今泉社長にとって「家」とはどんなものですか?

「家」は家族が成長し、幸せになれる場でもあります。 私はいつも「家づくりは、幸せづくり」と考えています。そんな大切な家がシックハウスだったらどうでしょうか。

当社は創業以来、「住む人の健康と幸せを考えた家造りで社会に奉仕する」を社是とし、国産の檜や杉を使った家をご提案しています。

シンライ工務店/愛知県豊橋市
― 今、夢中になっている趣味はなんですか?

今年の6月から「シンライ工務店折々の記」というブログを書いています。ビジネスから離れ、興味を持ったことや、思ったことを綴って楽しんでいます。

― 今泉社長にとって一番大切なことはなんでしょうか?

社員及び職人さん、協力業者や取引先の皆さん全てが大切な存在です。良い家づくりは、良い大工職人、良い協力業者、そして良い仕入先があってこそできるものです。皆さんとは、長く良いお付き合いをさせてもらっています。

― 日々、気をつけていることはなんですか?
シンライ工務店/愛知県豊橋市

「和と信頼」です。お施主様と私たち、そして協力業者や職人さんがそれぞれ信頼し合って「三位一体」で取り組むからこそ、いい家づくりができると思っています。当社の社名の由来は、ここにあるのです。

― 今泉社長の目指す住宅を教えてください。

「法隆寺」を初め、日本の伝統的な木造建築は数百年の風雪に耐えて、今もなお現存しています。

つまり、丁寧に作り、手入れをすることで、何代にも渡って住み続けられる家になるのです。 長く住み継がれる家は、何よりも「環境に優しいエコな家」でもあります。

当社は地元に根ざして「住んでいても飽きない家、そして耐久性の高い家づくり」を目指して行きます。

シンライ工務店/愛知県豊橋市
最後に社員の方に聞きました!
― 今泉社長ってどんな方ですか?

こんなことを言うと怒られるかもしれませんが、ひと言で言うと「くそ真面目な社長」ですね(笑)。冗談もめったに言わないですし、仕事一筋な社長です。

工務店選びはこちらから