クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
大新興業/内山 市郎社長

内山 市郎社長/大新興業株式会社

1983年 日本大学生産工学部建築工学科 卒業
1984年 都内の設計事務所 入社
1988年 大新興業(株) 入社
1996年 大新興業(株)代表取締役 就任

【家族構成】両親・妻・子供2人・犬2匹・猫1匹
【趣味】建築・彫刻・絵画・読書・ドライブ・料理・愛犬との散歩・猫じゃらし
【座右の銘】和敬清寂

内山社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

30年前スペインの聖家族教会を設計したアントニオ・ガウディーにあこがれ、建築科を卒業後、スペイン語と立体造形(彫刻)の勉強をしましたが諸事情により日本脱出はあえなく挫折。設計事務所に就職し、設計デザインに専念、数多くのプロジェクトに参加させていただきました。

しかし、仕事をしているうちに紙の上だけの作業に対し疑問を持つようになりました。何故なら、造形作家は紙の上だけでなく現実に制作する工房があり、自分の作品は自身の手で実践の中から生み出しているからです。

私も「私自身がデザインしたものを私自身の手から生み出したい」「生きた建築を創造したい」という願望が日々強くなりました。

大新興業/東京都杉並区

それ故、実家が工務店であったため父の後を継ぎ、夢に向かうことを決断したのです。

― 内山社長にとって「家づくり」とはどんなものですか?

私の全てです。世の中で一番小さいコミュ二ティーである家族。その人々が創造された空間の中で喜んだり、時には悲しんだり、ぬくもりを感じたりする。時の流れの中、数多くの物語が織り成されていきます。

その全てを包み込むみんなの想いのこもった家を共に創れる事は、一生を捧げ貫き通すことができる魅力ある最高の仕事です。

― 休日はどんなことをして過ごしていますか?
大新興業/東京都杉並区

ほとんど休日はないのですが、休みがとれた時は愛犬とゆっくり散歩したり、書店でおもしろそうな本を探したりしています。

― 内山社長にとってかけがえのないものはなんでしょうか?

家づくりにかかわった全ての人々(住まい手・創り手)の笑顔です。

― 内山社長の目指す住宅を教えてください。

雪深き五箇山の合掌造り。厳冬の中、白銀の世界にオレンジ色の光が窓からもれています。その光を見ていると何故か、子供たちの笑い声や湯気の立ち上る美味しそうなご馳走をイメージしている自分に気がつきます。漠然としておりますが私は、そんなぬくもりのある、暖かな、優しい住宅を創っていきたいと思っております。

最後に社員の方に聞きました!
― 内山社長ってどんな方ですか?

OMソーラーは「オもしろい」、「モったいない」から生まれましたが、弊社の社長もしかりです。

あらゆるジャンルの知識を増やす努力を惜しまず、それを家づくりに対して変換していく、ただの工務店のオヤジにしておくには、おもしろくて、もったいない、まさにOMな人です。

大新興業/東京都杉並区
工務店選びはこちらから