クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
平成建設/古橋 雄治社長

古橋 雄治社長/平成建設株式会社

1983年 名城大学理工学部建築学科 卒業
1983年 不動建設(株) 入社
1989年 (有)平成建設 設立、取締役就任
2000年 (有)平成建設 代表取締役に就任
2004年 平成建設(株)に組織変更

【家族構成】 母+妻+長女+次女
【趣味】 オヤジバンド活動、スキー、ジョギング、テーブルマジック、読書
【座右の銘】 知行合一

古橋社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

「自分の手がけたものが形になって残る仕事がしたい」と考え建設会社に入社しました。現場管理の仕事をしていましたが、そこではお客様からの感想を聞く機会があまりありませんでした。

私が納得して造った建物を、お客様がどう感じているのか直に聞きたい、お客様から「あなたに頼んでよかった」という言葉を頂きたい、そんな想いから独立し工務店を立ち上げました。

平成建設/愛知県名古屋市
― 古橋社長にとって「家」とはどんなものですか?

家は、家族が仕事や学校など毎日の活動をした後、快適に安らぐための場所であり、今だけでなく何十年に渡って家族全員が健康で楽しく、幸せになるための空間だと思っています。

工務店の仕事は、そこで暮らす方の「未来の幸せなライフスタイルを創るためのお手伝いをすること」だと考えています。楽しく暮らしていらっしゃる姿を見ると、本当に嬉しくなります。

― 休日はどんなことをして過ごしていますか?

4年前、あるきっかけから地元の『おやじバンド』に入れていただき、ロックやジャズを演奏しています。

平成建設/愛知県名古屋市

他のメンバーはみな経験者、私は47歳から始めた未経験者ということで見事に迷惑をかけていますが、エレキギターを弾くのは小さい頃からの夢で、いつかはトライしてみたいと思っていたので、とても楽しい時間を過ごしています。

毎年、演奏する音楽のジャンルが変わったり、バンドのメンバーが変わったりして、新しい出会いがあります。休日は自宅でギターの練習をしたり、メンバーが集まってスタジオで練習したりしています。年に数回、ライブハウスに出場しています。今年の8月には仲間の8バンドで、400名を超えるお客様を集めてライブを開きました。


その他、趣味のテーブルマジックはお客様のお子様とお会いした時に披露しています。ただし、小学校低学年のお子様にしか通用しません。(笑)

― 古橋社長にとって一番大切なことはなんでしょうか?

どんな事でもまじめに誠意を持って取り組み、決して諦めずに最後の最後までやりきることです。これは家族や社員、地域の皆様、友人など、様々な人たちと関わりあいながら会社を経営していく中で守り続けてきたことです。

― 日々、気をつけていることはなんですか?

当たり前のことですが、「時間を守ること」「約束を守ること」を心がけています。また、毎日会社の事務所に6時半には出勤してブログの更新やメールチェックなどを行って、スタッフを迎えることを続けています。

座右の銘『知行合一』、「これは良いことだ」と感じた事は必ず実行することを心がけています

※知行合一(ちこうごういつ)・・・知識や認識は必ず実行を予想しているものであり、知って行わないのは真に知っているのではないとし、知(真の認識)と行(道徳的実践)とは表裏一体をなすという意。「知行」は「ちぎょう」とも読む。『大辞泉より』

― 古橋社長の目指す住宅を教えてください。

家づくりには、重要な事が4つあると考えています。

1.使い勝手が、家族の現在と将来のライフスタイルに合っていること。
2.夏涼しくて冬暖かい、爽やかな住まいであること。
3.構造が、地震や火事に強く丈夫であること。
4.外観や内装が素晴らしく、健康で暮らせること。

この四つを叶える事ができる家を創っていきます。

最後に社員の方に聞きました!
― 古橋社長ってどんな方ですか?

優しい性格だと思いますが、決めたことは必ず実行する人です。

建築以外の色々な職業の方々との付き合いが多く、多趣味で、色々なことに真剣に取り組んでいる人です。

平成建設/愛知県名古屋市
工務店選びはこちらから