クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
ファーストステージ/飯村 真樹社長

飯村 真樹社長/株式会社ファーストステージ

1991年 中央工学校 卒業、住友不動産(株) 入社
1994年 (株)パナホーム城西 入社
1997年 (有)ファーストステージ 設立
2000年 (株)ファーストステージに組織変更
【家族構成】父+母+妻+子供2人
【趣味】建築、旅行、読書、ゴルフ、レジャー全般
【座右の銘】人生は一度きり!

飯村社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

父が建具職人だったこともあり、物心ついた頃には既に建築を好きになっていました。学校を卒業して初めてゼロから建築に携わっていく中で、こんなにも人の心を楽しくさせる仕事に強い魅力を感じました。

パナホームで住宅の営業・設計を経験してから、私が建てた住宅に対して喜んでいただくお客様の姿が見たいとの思いや矛盾の無い住宅を目指したことが、独立へと自然に向かっていったのだと思います。

ファーストステージ/茨城県水戸市
― 飯村社長にとって「家」とはどんなものですか?

家は「家族の器」だと思います。 あくまでも家族が主役です。その主役が生活していく人生ストーリーの最も大切な舞台作りをさせてもらっていると考えています。
そういう意味では施主様にとってあまりにも大き過ぎたり、派手過ぎたり、組み合わせの悪い家は、あまりいい家とは言えないのかも知れません。

― 今、一番夢中になっている趣味はなんですか?
ファーストステージ/茨城県水戸市

一番の趣味は「家づくり」といってもいいかもしれません。一番の趣味である家づくりの為に必要な知識や経験を得ようと、国内外問わず年4~5回旅行に行きます。

その他、海や湖でのレジャーや音楽、アート、ショッピング、ドライブ、ゴルフ、読書と多趣味です。日ごろは、車で行ける範囲にドライブに行きます。海や湖、ゴルフ、ショッピングといった日帰り旅が多いですね。家でじっとしていることはほとんどありません。

― 飯村社長にとって大切なことは何でしょうか?

楽しい時間です。仕事もプライベートもつまらない時間は作らないようにしています。人生は一度きりですから、いつでも楽しく過ごすことが一番大切なことだと思っています。

― 日々、気をつけていることはなんですか?

あまり効果が出ていないようですが…。

健康、そしてダイエットですね。やっぱり健康第一です!

― 飯村社長の目指す住宅を教えてください。

住まわれる家族にとって、かけがえのない人生を感動的で、思いで深いものとしていただける住み心地の良いオーダーメードの住宅を目指したいと思っています。

そして末永いお付き合いを通して、人生の転機にはお気軽にお声を掛けてもらえるような関係でいたいと思っております。

ファーストステージ/茨城県水戸市
工務店選びはこちらから