クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
寺本建設/寺本 歓二社長

寺本 歓二社長/株式会社寺本建設

1972年 中央工学校卒業
1973年 (株)丸山工務店 入社
1992年 ハウスリフォーム社 設立
1994年 (株)寺本建設に名称変更

【家族構成】妻・娘1人 (独立した子供が息子1人・娘1人)
【趣味】愛車、ドライブ
【座右の銘】男気

寺本社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

独立する以前は建築会社で管理職をしていました。あまりの忙しさに追われ、部下に任せた現場を一度もチェック出来ず、お施主様に引き渡した事がありました。その際、細かいクレームが多数発生し「これではお施主様の大切な財産を管理できない」と強く感じました。

1棟1棟自分の目で確認すること、よりよい建物をお施主様に引き渡すということ、この思いを実現するために工務店開業を決意しました。

寺本建設/埼玉県さいたま市
― 寺本社長にとって「家」とはどんなものですか?

家族のやすらぎの場、癒される場と考えております。

― 今、一番夢中になっている趣味はなんですか?
寺本建設/埼玉県さいたま市

若い頃から車が好きで、いろいろな車に乗りました。レーサーになりたいと思い自動車整備士の免許も取得しました。

当時乗っていた車の中では「トヨタ1600GT5」や「フェアレディZ」、「ブルーバードSSSクーペ」には思い入れがありますね。
今乗っている車もそうですが、特にスポーツタイプの車が好きなんですよ。

― 休日はどんなことをして過ごされていますか?

ドライブに行き、その土地土地の四季を感じ、花を見たり温泉に入ったりするのが楽しみです。最近は栃木県の流出山(いずるさん)に行きました。流出山の麓に美味しい蕎麦屋があるんですよ。帰りは栃木インターチェンジ近くの温泉で日々の疲れを癒しました。

― 寺本社長にとって大切なことは何でしょうか?

人との出会いです。人間は人との出会いによって成長していくと考えています。

― 日々、気をつけていることはなんですか?

自身の健康、家族の健康、そして社員の健康です。

お世話になったお施主様に充分なアフターメンテナンスをする為、自身はもちろん、社員全員がしっかりと自己管理し、健康に気を配っています。

寺本建設/埼玉県さいたま市
― 寺本社長の目指す住宅を教えてください。

お施主様が当社に依頼して良かったと思われるように、快適で住みやすい家を提供し続けたいと思っています。

工務店選びはこちらから