クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
バウハウス/三品 信喜社長

三品 信喜社長/株式会社バウハウス

1973年 日本大学工学部建築学科卒業
1973年 トーヨーサッシ(現:株式会社リクシル)入社
2000年 (株)バウハウス 設立

【家族構成】妻
【趣味】渓流釣り・キャンプ・カヌー・きのこ狩り・バイクツーリングなどのアウトドア、映画・音楽・美術鑑賞
【座右の銘】人生は楽しむためにあるもの、苦しみは味付けに少々 

三品社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

子供の頃から物づくりが好きで、隠れ家やツリーハウスを造って遊んでいました。

将来は建築に関わる仕事がしたいと思い建築科に進みましたが、選んだ就職先は建材メーカーでした。
幸い、建材や住宅工法の開発、デザインの業務に携わり、住まい造りの奥深さや面白さを知ることができました。設計のみならず施工にも長けた住まい造りを目指し、現在の形で仕事をスタートさせました。

バウハウス/千葉県野田市
― 三品社長にとって「家」とはどんなものですか?

「家」は暮らしの器ですから、その家族の価値観や暮らしが反映したものでありたいと考えています。

― 今、一番夢中になっている趣味はなんですか?

車いじり。ひょんな事から20年前のBMW3シリーズを手に入れました。コンパクトでボクシーな4ドアセダンです。
羊の皮をかぶった狼に変身させるべく、暇を見てはチューンアップ、ドレスアップに励んでいます。

― 休日はどんなことをして過ごされていますか?
バウハウス/千葉県野田市

桜・新緑・紅葉の時期には、その季節季節の景色を眺めにドライブ。
他にはクラッシックコンサート・映画・美術館・渓流釣り・ルアー釣り。薪ストーブに火を入れ、好きな音楽を聴き転寝(うたたね)…、と趣味や癒しの時間に費やしています。 美術館と言えば、先日話題のダヴィンチ展で日本初公開の「受胎告知」を観てきました。ダヴィンチの計算しつくされた仕掛けを知り、「なるほど」と感嘆させられました。

― 三品社長にとって大切なことは何でしょうか?

家族。

― 日々、気をつけていることはなんですか?

健康。

― 三品社長の目指す住宅を教えてください。

永きに亘って住んでいただける住宅です。

社名の由来になっている「BAUHAUSデザインの様にいつまでも色褪せない住まい」を家造りのテーマとしています。性能や機能だけでなくデザインも長持ち、そして建築コストだけでなく、維持・メンテナンスのコストも経済的な住まい造りを目指しています。

※「バウハウス」(bauhaus)…ドイツの建築家ワルター・グロピウスによって1919年に設立された総合造形学校。近代建築・デザインの確立に大きな影響をもたらしている。

バウハウス/千葉県野田市
工務店選びはこちらから