クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
第一建設/市川 照社長

市川 照社長/第一建設株式会社

1975年 東海大学工学部建築学科 卒業
1975年 第一建設(株) 入社
1986年 代表取締役社長 就任

【家族構成】妻+長男+長女
【趣味】小唄・スキューバダイビング
【座右の銘】信頼

市川社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

弊社の創業者は私の義父で、私は3代目の社長です。

弊社の建築部に入社し、縁あって創業社長の長女と結婚しました。ところが翌年、義父が急逝し、廃業か存続かという状況になり非常に悩みました。ぜひ営業を続けたいという私の意見で弊社の存続が決定し、その8年後に35歳で社長となりました。

第一建設/静岡県静岡市葵区
― 市川社長にとって「家」とはどんなものですか?

家とは「究極の夢の実現」だと思っています。お客様の夢を実現させるお手伝いをする訳ですから、全社員に「心をこめて施工をしよう」と常々言っております。

― 今、一番夢中になっている趣味はなんですか?

趣味は小唄とスキューバダイビングです。

小唄は、先輩から強制的に誘われたことがきっかけなのですが、以前に茶道の稽古していたこともあり興味はありました。それを機に39歳頃から始め今に至っています。
新年会や浴衣浚い(ゆかたざらい。日舞などで浴衣を着て行う稽古のおさらいのこと)、忘年会と年3回の発表と、5年、10年ごとに大きな発表会があります。

第一建設/静岡県静岡市葵区

スキューバダイビングは、友人とフィリピンのセブ島に旅行した際、恐々、体験ダイビングを浅瀬でチャレンジしたところ(実は金槌で泳げないんです)、海の美しさや雄大さに感動し、はまりました。
いつもは伊豆の西海岸で、友人や地元のインストラクターと共に潜ります。海外では、フィリピンのセブ島、マクタン島が好きです。

この二つの趣味は、非日常的な時間と空間を体感できることが、大好きなんです。 特にスキューバダイビングは、存在のフィールド(陸と海)が違うので、小さな自分を大自然の中に感じられて格別です。趣味以外で「夢中」になっているのは、お客様に喜んで頂ける家をつくること、かな?

― 休日はどんなことをして過ごされていますか?

昨年完成した我が家でゆったりと過ごしています。我が社でお勧めしている外内断熱工法を採用した住まいなのですが、とっても快適なんです。

※外内断熱工法…外壁となる壁を、外側と内側から断熱材で挟む工法。

― 市川社長にとって大切なことは何でしょうか?

「夢の実現」です。
私にとっても、社員や家族にとっても夢があるはずです。その夢の実現をサポートできたら素晴らしいな、と思っております。

― 日々、気をつけていることはなんですか?

常に第三者的な目で自分と自分の会社を見ることです。

また、できる限り相手の方に不快感を与えないように心がけています。それは印象であったり会話の中の言葉であったり、いろんな面で注意を払っています。

― 市川社長の目指す住宅を教えてください。

「外出したくない、家で過ごしたい」と思えるような、外観も内装もすべてが素敵な家です。そして、光熱費も節約できる快適な住まいです。

第一建設/静岡県静岡市葵区
工務店選びはこちらから