クローズアップ社長
登録工務店の社長インタビューです。
鶴崎工務店/鶴崎 敏美社長

鶴崎 敏美社長/株式会社鶴崎工務店

1980年 日本工業大学工学部建築学科 卒業
1980年 (株)木下工務店 入社
1982年 (株)鶴崎工務店 入社
2004年 代表取締役社長 就任

【家族構成】妻+長男+次男
【趣味】釣り・旅行

鶴崎社長をもっと知りたい!
― 工務店を経営しようと思ったのはなぜですか?

一言でいえば大工で父親(先代)の始めた事業承継ですが、自分でも設計、施工の仕事が好きで始めたというのも本心です。子供の頃から父の仕事に興味を持ち「トンボ鉛筆主催の高校製図コンクール」に応募するなどしていました。ちなみに金賞をもらったこともあります。

― 鶴崎社長にとって「家」とはどんなものですか?

家は、造った人々(お客様、設計者、施工者)の個性が一杯詰まった缶詰のようまもので、いろんな味がミックスされ、他の家と似ていてもどこか違う味がでていると感じています。また、そこで暮す人の安心の住処だと思います。

鶴崎工務店/東京都狛江市
― 休日にどのように過ごされているか教えてください。

最近はあまり休んでいないので休日の過ごし方といわれても(?)ですが、時間ができると頭をリフレッシュさせるために、好きな釣りや旅行に行きます。釣りは丹沢や芦ノ湖などに「にじます」「やまめ」「いわな」を釣りに行きます。魚との駆け引きが大変面白く、釣りに没頭すると日常の忙しさから開放されます。

また、地方に変わった建物が建築されたと聞くと旅行を兼ねて見学に行くのも楽しみの一つです。その他、最近では近場の温泉に行ったり、日帰り温泉施設などでのんびり疲れを癒しています。少し年寄り趣味になってきたかな?!

― 日々、気をつけていることはなんですか?
鶴崎工務店/東京都狛江市

家づくりに携わっている私にとって「あたりまえ」のことでも、初めて造るお客様には「疑問」に思うことがたくさんあります。私の「あたりまえ」とお客様の「疑問」のギャップをなくすように努めています。

― 鶴崎社長の目指す住宅を教えてください。

安心して住むことができ、お施主様が親戚、知人、友人に自慢してもらえるような住宅を提供していきたいと思っています。

工務店選びはこちらから