5分でわかる!工務店住宅

<CHAPTER8> 工務店の「正しい」選び方

設計施工:ハタノ工務店

いい工務店を見分けるにはどうしたらいいでしょうか?

具体的な打合せに進んで提案内容を見てみたい気持ちは分かりますが、手当たり次第にプランや見積りを依頼しても、時間が過ぎていくばかりです。

まず最初に検討したいのは、「工務店の経営内容」です。

いくら人柄のいい社長さんでも、どんなに技術力が高くても、倒産してしまっては何にもなりません。

しかし、工務店の経営内容は一般に広く公開されていないため、建て主が知ろうと思ってもたやすく情報を入手することはできません。

そこで1つの指標となるのが完成保証への加入です。

完成保証は一定の経営水準を満たしている工務店だけが加入できる制度で、万一、その工務店が施工中に倒産しても、別の工務店が工事を引き継いで住宅の完成させてくれる制度です。

健康でないと生命保険に入れないのに似て、保証会社は倒産リスクの高い工務店に対して完成保証をつけることはありません。

まずは何より、その工務店が一定の経営水準を満たしているかどうかがポイントです。

まずは「工務店の経営内容」をチェックした上で、以下のポイントに注目してみましょう。
プランや見積り等の具体的な検討を始めるのは、それからでも決して遅くありません。

★社長を見よ!

注文住宅を手掛けている工務店の多くは、ハウスメーカーに比べて小規模な組織です。社長の考えがダイレクトに反映されやすく、社長の経歴が少なからずその会社の家づくりに現れます。

★技術力を見よ!

専門知識が少ない建て主が技術力を見極めるのは大変難しいことです。そこで注目したいのが、建て主に代わって工事の検査をしてくれる「第三者検査」です。工務店からすると、細かい工事のチェックはできれば受けたくないもの。積極的に対応してくれる工務店なら技術力に自信があると見ていいでしょう。

★見学会を見よ!

建て主が違えば、自分と希望の間取りや使い勝手が違って当然です。完成見学会では間取りや使い勝手を見るのではなく、その工務店ならではの特徴を掴むことが重要です。構造見学会では仕事の丁寧さを良く見ておきましょう。同じ仕様で建てた家でも、雑な仕事では住宅の性能を保つことはできません。

工務店選びはこちらから