5分でわかる!工務店住宅

<CHAPTER7> 鵜呑みはキケン!「工務店の口コミ」

設計施工:イムラ

口コミや評判はとても重要な情報です。

しかし、注文住宅に関して言えば、必ずしもそうとは言えません。「ある方にとってはすごく満足のいく工務店だったのに、別の方にとっては不評だった」ということは良くあることです。

なぜでしょうか?

それは、住宅は個人的な価値観によって評価が分かれ、ある人にとっては好ましいことが、別の人にとっては制約にしかならないことがあるからです。

好みや価値観はその人によって様々に異なります。服や車を買う時に人それぞれの好みや価値観が反映されるように、評価のモノサシが違えば、たとえ同じものを見ても評価が異なって当然です。

さらに建て主の好みや価値観以外にも、評価を左右する大事なことがあります。

その代表的なものが「敷地の条件」です。

ところがやっかいなことに、この敷地条件から生じる制約は、建築や不動産の知識が専門的かつ多岐に渡るため、建て主自身も自覚していないことがほとんどです。
これについては専門家の意見を頼りにするしかありません。

まずは、専門家の知識と経験を頼りに、建て主自身が「何を重視して家づくりをしたいのか」をよく考える必要があります。そしてその上で、それぞれの工務店の特徴を見極めることが大事です。

ひと口に工務店と言っても、まったく違うと言っていいほど異なる特徴を持っています。そしてその特徴は、建て主が置かれている状況によっては長所にもなり、反対に短所にもなり得ます。

口コミに流されるのではなく、あくまでもご自身の状況と判断基準に照らして工務店を選ぶことが大切です。